ブログ

HOME > ブログ > コラム > 介護と介助の違いってなに?介助の特徴とその内容とは

介護と介助の違いってなに?介助の特徴とその内容とは

コラム

こんにちは、ライフピア八瀬Ⅰ番館です!
今回は「『介護』と『介助』の違い」について「介助」を中心にご紹介します。

日常生活においては「介護」と「介助」を区別せず使用するケースも多いのですが、介護の現場では明確に使い分けています。
なぜ介護と介助を使い分けるのか、言葉の意味や介助の分類についても見てみましょう。
 
 

「介護」は自立支援の援助全般で「介助」は具体的な手助け

1974(昭和49)年発刊の『社会福祉辞典』 によると
「食事、排便、寝起きなど、起居動作の手助けを『介助』といい、疾病や障害などで日常生活に支障がある場合、介助や身の回りの世話(炊事、買い物、洗濯、掃除などを含む)をすることを『介護』という。」と定義されています。

「介護」の中には「介助」も含まれ、「介護」=「介助」+「家事などの生活支援」となります。

介護の現場で「介助」という言葉を使うとき、何らかの具体的な手助けが必要な状態を指します。

例えば食事介助であれば、自分ひとりでご飯を食べられない人のお手伝いや見守り、入浴介助であれば、浴槽までの移動や洗髪などのお手伝いをします。

「介助」はその時々の行動を補助することが目的であり、一つの行動が終わると目的達成です。
一方「介護」は介助や生活支援を通して「自立した生活への回復または現状維持」を目標とします。

このため、それぞれの細かなお手伝いに関し「食事介護」「入浴介護」という表現は使わないことに注目しましょう。
 
 

介助の4段階「自立」「一部介助」「半介助」「全介助」

どの程度の介助が必要か、ということを表す基準として「自立」「一部介助」「半介助」「全介助」があります。

自立:基本的に自分ひとりである特定の行動ができる人

一部介助:基本的に自分で行動できるが動作に不安があり、見守りや誘導/支援が必要

半介助:「支えがあれば、ゆっくり歩ける。」「スプーンを使い見守りをすることで食事がとれる。」といった何らかの手助けが必要であるものの、自身の能力も残っている状態

全介助:ある特定の行動に関し、手助けがあっても自分で行動することができない状態
全介助以外は、本人の能力がどのくらい残っているかで介助の内容が変わってきます。
 

また、食事は自分でとれるがマヒがあり家事のサポートは必要など、ある動作においては自立していても、他の作業には介護・介助が必要というケースも存在します。
 
 

「一部介助・半介助」と「全介助」を切り分けるポイント

「一部介助」や「半介助」の人は日々訓練をすることが症状の進行を緩やかにすることに繋がります。
予防介護の観点からも、介護者はなるべく自立支援を進め本人の能力を残してあげるよう心掛けましょう。

一度全介助と判断されると、特に高齢者は介護度・介助度を回復するのが困難になります。
「握れないけどゆっくりなら手首は動く」という人に、食事すべてにおいて介助しがちですが「介助者がスプーンを装具につけるとあとは自分で食事ができる」という可能性もあります。

同様に、「支えにより歩ける被介助者」に対し、立ち上がる瞬間や段差以外では手を添える程度で十分なのに、しっかり支えてしまう介助者がいます。

これでは本人の歩く力を弱める要因にもなってしまいます。

もちろんトレーニング自体は慣れるまで大変ですが、できるようになったという実感は被介護者の満足度につながり行動範囲が広がる事もあります。

また介助者にとっても、介護全体の負担が軽減します。
一部介助・半介助の状態をキープすることは、介護者・被介護者の双方にとってメリットがあるのです。
無理のない範囲で積極的にトレーニングしていきましょう。
 
 

介助の範囲を見極めることが介護の負担軽減には重要

被介護者の可能性を奪うことのない介護プランを立てることが、長期間の介護には不可欠です。

被介護者に付きっきりでいることと、ゆっくり見守りを行うことでは、同じ時間一緒にいても双方の負担度合いに大きな差が出ます。
声掛けやサポートを取り入れつつ、自立支援を行うことで、将来の自由度にも差が生じることを意識して介護に取り組みましょう。