ブログ

HOME > ブログ > コラム > 老人ホームの入居者様へ手紙を送るとき、意識したいこととは?

老人ホームの入居者様へ手紙を送るとき、意識したいこととは?

コラム

こんにちは!ライフピア八瀬大原Ⅰ番館です。

老人ホームに入居すると、入居者様はその要介護度により、世間との関わり合いに制限が出ることも珍しくありません。

そんなとき、ご家族や近しいご友人からのお手紙を受け取ることは、世間との関わりを認識でき、活力を得る手段として、とても有効です。
今回は、「ご家族や近しいご友人から、入居者様へ送る手紙」について考えてみましょう。

 

入居者様が楽しくなるような内容を心掛ける

近年、手紙を書く機会は減っており、メールやSNSなど、短い文章を定期的に発信することに慣れている方が増えているため、いざ手紙というと、身構えてしまう方もいます。

入居者さまに送るお手紙の内容は、根本的にはSNSなどと同様で、「差出人が入居者様に聞いてほしいこと」を書きます。

例えば、
・差出人ご本人の近況
・孫が運動会や学芸会などで頑張った
・自宅で入居者様が育てていた木々に花が咲いた
といった身近で入居者様の興味が沸く話題を取り入れると書きやすくなります。

内容によっては写真やイラストを同封すると、より近況などをイメージしやすくなり、効果的です。
届いた手紙を読んで、入居者様がほっこりできるような手紙が理想といえます。

長文を書くのが苦手な人は、絵手紙やポストカードにメッセージを添えることから始めるとよいでしょう。
ちょっと変わった材質の紙に印刷されていたり、入居者様の興味が沸くイラストがあるポストカードを利用するだけでも、メッセージは伝えやすくなります。

一方、避けたい話題は
・お金の話
・悪口や噂話
・体調が悪化している話や訃報など
などがあります。

よく書きがちな内容の注意点として「差出人は善意であっても、相手を傷つける内容」があります。

・リハビリを頑張っている方へ、「リハビリの他に、〇〇の方法を取り入れるといいよ」
・体調不良の方へ、「知人の〇〇さんも同じ症状だったから気を付けた方がいい」
・仲の良い友人の近況を、必要以上に共有する(受取人がプレッシャーに感じる内容)
など、差出人が良かれと思って話した内容が、「ありがた迷惑」につながる可能性もあります。アドバイスは、あまり強要しないようにしましょう。

また、どうしても家族や知人が入院した、訃報があったといったネガティブな話題を報告しなければならない場合は、その場で入居者様の様子をうかがうことができる、「面会時」に行うようにし、せっかく送られてきた手紙を見て辛くなるような記述は、できるだけ避けることが大切です。

 

入居者様や差出人の負担にならない頻度で、継続する

入居者様の視力低下や体力低下が著しい場合、頻繁な連絡は負担になることもあります。

また、入居当初に寂しいだろうからと頻繁に連絡を取っていたにもかかわらず、差出人の都合でだんだん連絡の頻度が下がってしまうケースも珍しくなく、このような状況では、入居者様の疎外感が強くなる可能性もあります。

まずは、
・誕生日や家族のイベントがある際は優先して送る
・年賀状や暑中見舞いに相当する手紙を送る
などといった、「定期的に送付でき、互いに負担にならない頻度をあらかじめ設定する」と良いでしょう。

手紙のマナーを守りつつ、温かい文面を心掛ける

元上司や、恩師などに送る手紙であれば一般的な

・事項の挨拶
・敬語(尊敬語や謙譲語)
などを取り入れつつ、文面を作成します。
ご家族や近しい友人の場合は、ルールを守りつつ、くだけだ表現で手紙を書いてもよいでしょう。
手紙を書く以前の関係性を重視した表現方法で特に問題ありません。

◆宛名について◆
「〇〇(施設名)内
(入居者)様」
と書くのが一番です。
施設あての手紙ではありませんので施設名のあとは「御中」ではなく施設名「内」にします。

 

同封するものは負担にならないものを

施設にいるご家族へ現金を送付されたり、商品券を送付されたりする方もいらっしゃいますが、これは避けていただきたいものの最たるものです。
(また、普通郵便で現金を送付することは、郵便法第17条で禁止されています。)

そのほか、様々なトラブルのもととなりかねない、
・鋭利なもの
・管理や保管が難しいもの(鉢植えや相部屋への本格的な絵画など)
・賞味期限の短い生ものなどの食品
・その他大きなもの
などと一緒に手紙を送付されないよう、気を付けましょう。

入居者様の要介護度に応じて、介護職員が開封や管理をお手伝いすることもあります。
できるだけ入居者様の負担にならない、楽しい写真や趣味のものに同封物を留めていただけると差出人、受取人双方の負担にならずに済みます。

特に遠方や共働き世帯など、定期的な施設訪問が難しいご家族であれば、四季折々で送られる手紙が、入居者様の寂しさを補う、重要なアイテムになります。

 

手紙は一方的にメッセージを送るツールです。
受け取り手の気持ちになり、相手の負担にならないメッセージを心掛け、ぜひ楽しい交流を図ってくださいね。