ブログ

HOME > ブログ > コラム > 老人ホームは見学してから、申し込んだ方がいい。その理由とは?

老人ホームは見学してから、申し込んだ方がいい。その理由とは?

コラム

こんにちは介護付有料老人ホーム「ライフピア八瀬大原Ⅰ番館」です!

今回は老人ホームの見学について取り上げていきます。
まず、老人ホームに初めてご家族が入居するときには、できるだけ希望する施設を見学することがお勧めです。

その理由とは何なのか?見学をするときに見ておきたいポイントについてご紹介します。

チェック

■老人ホームに入居した後のクレームが増えている

高齢化社会の到来により、老人ホームの入居希望者の急増が注目されています。なかなか空きもなく、入居するのにも順番待ち、という声をよく耳にするようにもなりました。

そんな中、老人ホームにせっかく順番待ちで入居したり、たまたま理想のホームに空きがでて入居できたにもかかわらず、クレームが後を絶たないといいます。

これは「入居施設とのミスマッチ」が原因であると考えられています。

たとえば、人見知りの利用者に対し、レクリエーションの多い施設へ入居した場合はストレスになりますし、逆に、現在近くに友人はいないものの、社交的だった人や、認知症など既往症の影響でコミュニケーションが必要な人が、共有スペースではなく個室に滞在するような施設は、やはり適切とは言えないでしょう。

また、介護は必要であるものの、ある程度自由に生活したい。だけどいざ入ってみると、散歩や近場への買い物など外出する時には必ず届け出しなければいけない、といった「自由のなさ」へのクレームもあります。

■ミスマッチを避けるには、ご家族が下見するのが一番の近道

もちろん施設を紹介した人には、地域の施設を理解しようと様々な研修を受けている人も多くいます。

とはいえ、入居希望者や施設数が年々増えている状況では、利用者個別の問題とそれに合った施設をすべて理解し、マッチさせることは困難です。(逆にそこを全て理解してくれるような人がいらっしゃれば、その縁は大切にしたいですね。)

また、病院へご入院中で有料老人ホームなどの施設への転帰が必要となる場合には、迅速な対応を求められ、結果として基本料金の条件があっているかどうか、といった最低限の条件からホームを選ぶことも少なくないようです。

もし、条件があっているけれども、ここが気になる、という点があるのでしたら、一度ご家族と入居予定者のみなさまで見学し「実際に肌で感じてみる」のが、理想的です。

■お勧めの時間帯は「昼食時」「レクリエーション時」

施設の方針や既存利用者の体調などにもよりますが、できるなら「昼食時」と「レクリエーション時」を見学させてもらうのが良いでしょう。

理由として、コミュニケーションの全体像が想像できるからです。とくに昼食時に、他の利用者と団らんができたり、施設の運営スタッフが一緒にご飯を食べているようであれば、個々人の体調や性格を把握してくれる可能性が高いと思われます。

このような施設は万が一何らかの体調不良などが起きても安心です。

ただし、昼食時だけでなく、レクリエーションにおいても、本人が求めていないコミュニケーションを強要することは適切とは言えません。団体生活において、一定の協調性は必要ですが、その団体生活が利用者へ余計なストレスを与えていないかもチェックすることが大切です。

そして、これらは誰かに聞いて分かるものでも、調べて分かるものでもありません。実際に施設を訪問して、直接見なければわからないことですね。

 

■料金体系に関しても詳細までシミュレーションを

見学が終わったら、追加料金などのシミュレーションも詳細に行い、疑問に思った点は全て解消してから申し込むようにしましょう。

入居後クレームのもう一つの大きな要因が「料金体系のミスマッチ」です。実際に見て「良いな!」と思ったサービス内容が、場合によっては「オプション」、すなわち追加料金が発生するものかもしれません。

基本料金は比較的抑えめであったものの、追加料金の多い施設は、利用者・ご家族の双方にとって負担の多いものですので、基本料金の中でどこまでフォローしてくれるか、シミュレーションを行うとよいでしょう。

追加料金が発生すること自体は決して悪いことではありませんが、実際に利用を始めてから「そんなことは聞いていない!」ということがなく、納得して過ごせるように気になったことはしっかりと確認をしましょう。

 

<<まとめ・一番は利用者さまが過ごしやすい施設であるかどうか>>

老人ホームの入居・契約に関し見学は重要なことはお分かりいただけたと思います。

支えていくご家族が納得したうえで、利用者さまが安心して暮らせる施設を申込むのが一番の理想です。
・近年利用者と老人ホームの間でミスマッチが増えている
・理由は実際のホームを知らないまま、料金体系などだけで入居を決めているから
・昼食時やレクリエーションを見学し、実際の入居イメージをつかむ
・金額面の不安も早い段階で取り除く必要がある