ブログ

HOME > ブログ > コラム > 老人ホームに入居するまでの手続きってどんな流れ?

老人ホームに入居するまでの手続きってどんな流れ?

コラム

こんにちは、介護付有料老人ホーム ライフピア八瀬大原Ⅰ番館です!

今回は老人ホームへの入居をお考えの方へ、入居の手続きや入居の流れをご紹介したいと思います。

高齢の家族のため、あるいはご自身のためにと、老人ホームへ入居を考えられている方の理由は様々だと思います。

家族と離れて暮らしていたり、年齢を重ねたりしてくると、将来の生活に色々と不安が出てきますよね。

「老人ホームへの入居を考えているけれど、入居の流れや手続きがわからない」など、入居を検討する際には気になることが多いと思います。

今回は老人ホームへの入居の手続きや入居の一般的な流れについて一緒にみていきましょう。

 

 

老人ホームに入居するための手続きの流れ

老人ホームを検討してから実際に入居するまでの流れは次の通りです。

①施設への問い合わせ・資料請求

まずは、入居してみたい施設へ問い合わせ、または資料請求などをしてみましょう。
ホームページがある施設は、ホームページ上から簡単に資料請求を行うことができる場合が多いのでぜひ活用してみてください。

問い合わせや資料請求の際には施設内を見学できるのかも確認しておくとよいでしょう。

ご家族やご自身が住むことになるかもしれません。
施設の設備や雰囲気など、ご自身の目で確かめておくほうが、話だけを聞くよりは断然安心ですよね。

②申し込み

気に入った施設が見つかれば、申し込みをします。
この時点では入居は決定していません。
老人ホームのタイプによってはすぐに入居できない所もあったり、書類の確認や入居の審査などがあったりするので、あくまで「仮申し込み」となります。

③体験入居

有料ではありますが、体験入居ができる施設も増えています。
見学だけでは、老人ホームでの生活の流れなどわからないこともあるかもしれません。
食事やレクレーション、介護などのサービスや居室での宿泊を体験することで、ご自身に合っているかなどがわかると思います。
施設によって、体験入居を行うのが施設へ申し込みをする前なのか後なのか違いますので、必ず施設に確認しましょう。

④契約・入居

入居したい施設が決まりましたら、施設との契約を行います。
その時に、契約書や重要事項説明書(契約者やご家族に対し、サービスの提供などに関する重要な事項について説明したもの)の内容をしっかりと確認してください。
わからないことがあれば細かいことでも、必ず施設の方に聞いておきましょう。
十分理解しないまま契約を決めてしまうと、入居後トラブルの元になる可能性があります。

入居が決定しましたら、家具や日用品など必要な物を聞いておき、入居日までに揃えておきましょう。

 

公的な施設の特別養護老人ホーム(特養)などは、利用料が安いことから人気があるため、なかなか空きが出ず待機者も多いです。
それに加えて入居条件が要介護3以上と厳しくなっており、該当しない方の入居はできません。
申し込みなど手続き面では、老人ホームとほとんど違いはありません。
ただし、入所判定会などがあり、要介護度の高い方から優先入所になります。

 

最近は民間運営の有料老人ホームも増えてきていて、サービスの内容・入居条件など様々です。
選択肢が増えれば、ご家族やご自身に合った老人ホーム選びができますね。

 

 

手続きに必要な書類と注意したいポイントとは

入居に必要な書類は各施設で異なりますので、必ず施設の方にお尋ねください。

特養や有料老人ホームへ提出する主な書類は、

・入居申込書
・住民票
・健康保険証類
・健康診断書(取得に2週間~1ヶ月かかる場合もある)
・看護サマリー(直前に入院されていた方や、訪問看護サービスを利用されていた方)
・診療情報提供書(直前に入院されていた方や入居後主治医を変更される方)

などです。

注意したいポイントは、書類の種類によっては取得までに時間がかかるという点です。
特に健康診断書や看護サマリーなどは、健康診断を受けたり書類の作成などが必要だったりするので他の書類に比べて取得までに時間がかかります
「早く老人ホームへ入居したい」とお考えの場合は、早めに書類の準備に取り掛かるようにしましょう。

 

介護保険を利用したい場合に必要な「要介護認定」の手続きについて

老人ホーム(介護付有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど)に入居している場合でも、介護保険制度の介護サービスを利用することができます。

老人ホーム等の施設でも介護保険制度を利用できるのは、ありがたいですね。

しかし、誰でも介護保険制度を利用できるわけではありません。
お住いの市区町村に申請し「要介護認定」を受ける必要があります。

要介護認定の流れ

要介護認定の申請をするとまず市区町村の担当者が申請者の身体の状態を調査し、主治医から意見書を作成してもらいます。(一次判定)

その後、一次判定の結果を元に介護認定審査会で介護が必要かどうかの審査が行われ、介護が必要かどうか判断されます。(二次判定)

要介護認定には「要支援1〜要支援2」と「要介護1〜要介護5」の7区分があり、それぞれ介護サービスの内容や自己負担額が違います。
要介護認定された際にはどの区分に当てはまるのか確認し、どのようなサービスが受けられるのかしっかりチェックしておくとよいでしょう。

要介護認定の申請に必要なもの

介護保険を申し込む際に必要な要介護認定の申請には、

・介護保険要介護(要支援)認定申請書市区町村の窓口にあります
・介護保険被保険者証第1号被保険者(65歳以上)は必要
・マイナンバー
・申請者の身元が確認できるもの運転免許、身体障害者手帳など
・印鑑

などが必要です。

必要書類はお住いの市区町村で異なりますので、何が必要なのかは市区町村の職員にお尋ねください。

 

 

まとめ

老人ホームへの入居の手続きの流れはどの施設も似ていますが、必要書類は施設によって異なります。
どんな書類が必要なのかきちんと確認をして、準備しておきましょう。

健康診断書等、病院などから受け取る書類は、作成に時間がかかりますので、早目に準備をしましょう。

介護保険制度が利用できる場合は、介護保険の手続きもしておきましょう。

 

わからないこと、疑問に思うことなどは必ず施設の方に聞いておきましょう。
私たちライフピア八瀬大原Ⅰ番館にもぜひお気軽にお問い合わせください。

 

この記事を監修した人

星野 英俊

星野 英俊 (ライフピア八瀬大原Ⅰ番館 事務長)
京都大原記念病院グループに介護職として新卒入職。京都大原記念病院 現場介護スタッフ、介護老人保健施設で施設相談員(ケアマネジャー)などとして約15年間、現場業務に従事。
事務職 転身後、ライフピア八瀬大原Ⅰ番館の事務長に就任し、
現在に至る。