ブログ

HOME > ブログ > コラム > 家族が老人ホームへ面会に行く頻度とメリット

家族が老人ホームへ面会に行く頻度とメリット

コラム

こんにちは。介護付有料老人ホーム「ライフピア八瀬大原Ⅰ番館」です!

今回は老人ホームへのご家族の面会についてのお話です。

入居当初は今までの家庭での生活と違い、入居者さまご本人も、寂しかったり不安な日々を過ごすことも少なくありません。そんな入居者さまと面会するメリットや平均的な頻度についてご紹介します。

面会

週に1~2回訪問する人が全体の約3割

住宅・不動産情報ポータルサイトを運営する「HOMES」が行ったアンケートによると、

現在有料介護付き老人ホームに入居している家族に会いに行く頻度は以下の通りとなっています。

  • ・週に1~2回:31%
    ・月に1回:28%
    ・2週に1回:22%
    ・週に3~4回:5%
    ・2~3カ月に1回:9%
    ・半年に1回:2%
    ・それ以下:3%

この結果を鑑みると月に1回以上面会を行う人は全体の約8割強となる一方で、あまり面会に来れず、施設側へ任せっきりの人も1割以上いることになります。

参考サイト:homes 介護施設探しの口コミ・リアルな声!~介護者に聞きました~

 

面会は施設外の社会との関わりを持つきっかけになる

では面会を定期的に行うことのメリットとは何なのでしょうか。それは、「施設外との社会との関わりを持つきっかけになる」ということです。

入居者さまの日常は、要介護度が低く外出可能な方以外は、ほぼ施設内で過ごします。

もちろん自由時間のテレビ視聴や新聞、読書や施設が実施するレクレーションなどを通して社会に触れることは可能ですが、もっと身近なお孫さんの成長や、家族の生活ぶりを知ることでイキイキと生活にハリが出るようになります。

入居者さま同士の交流とは違った社会参加の場となる「家族の面会」は、入居者さまの活力になるのです。

 

定期的に面会することで症状の進行を遅らせることが期待できる

定期的に面会すると、毎日会っているスタッフとは違った目線で入居者さまを見ることができ、今までと違った症状の発見や、気持ちの変化に気づくことが多くあります。

定期的に面会し、担当スタッフとも連携をとり、入居者さまの症状をご家族自身でも確認することは、症状の進行を遅らせられるかもしれない、とうことにもつながります。

もしかすると、入居者さまが何か不安や不満を抱えているかもしれません。その不安や不満が募り溜まっていってしまうと、病状の進行やうつ状態の発症につながることもあり得ます。

入居者さまを心身ともに快適な環境へ近づけることは、入居者さまにとってもご家族にとっても大切なことです。

 

理想は月1回以上

ほとんどの入居者さまは今までとは違う生活に戸惑うため、入居からしばらくは寂しさを感じることとなります。また、入居者さま同士やスタッフとの人間関係構築といったストレスを感じる機会も増えることとなります。

そのため、入居からしばらくは最低月1回以上、できれば休みの都度顔を見せていただくことで、入居者さまの不安を取り除くことが理想です。

もちろん先ほどのアンケートでは一日おきに週3~4回来ていただく方もおり、日中は仕事をしているので介護ができないがやはり施設に任せきりではなく、二人三脚で介護をしたい、という気持ちの表れかと思われます。

 

無理のない頻度で

とはいえ、入居時にいきなり「一日おきに必ず行く」と決めてしまうと、今度は面会がご家族のストレスになりかねませんので、無理のない頻度を見定めましょう。

また、ご家族が複数いる場合は、メインの窓口となる方を決めたうえで、その方以外のご家族と分担して定期訪問するようにすると、特定のご家族だけが負担を感じることも少なくなります。

 

入居者さまの症状とも相談しましょう。

最後に一点注意しておきたいのが、認知症を伴っている場合は、入居者さまの混乱を招く可能性があることから最初の数日~数週間は面会をご遠慮いただくこともあります。この場合はスタッフに「○日に1回程度訪問したいが問題ないか」と尋ねておくとよいでしょう。

毎日の訪問は難しくても、週末や月に1~2回の訪問はとても大切です。

ちなみにライフピア八瀬大原Ⅰ番館では午前7時から午後8時に面会が可能です。仕事の帰りに15分~20分でも、ご入居者さまのお顔を見に来ていただくのも大歓迎です。

もちろん年中無休ですので、お正月・夏休み・大晦日でも、ご家族もご一緒に、ご遠慮なくお越しくださいね。

まとめ

・全体の約8割が月に1回以上面会する。
・入居者さまの施設内の社会とは別な社会参加のきっかけになる。
・ご家族だから気づけることもあるので顔を見て状況確認しよう。
・面会の頻度は無理のなく定期的に訪問するのが理想。
・症状によっては制限を設けることもあるので、施設にも確認してみよう。

 

この記事を監修した人

星野 英俊

星野 英俊 (ライフピア八瀬大原Ⅰ番館 事務長)
京都大原記念病院グループに介護職として新卒入職。京都大原記念病院 現場介護スタッフ、介護老人保健施設で施設相談員(ケアマネジャー)などとして約15年間、現場業務に従事。
事務職 転身後、ライフピア八瀬大原Ⅰ番館の事務長に就任し、
現在に至る。