ブログ

HOME > ブログ > コラム > 高齢者のおやつは何がおすすめ?栄養や注意点も!

高齢者のおやつは何がおすすめ?栄養や注意点も!

コラム

こんにちは、介護付有料老人ホーム ライフピア八瀬大原Ⅰ番館です。

子供から高齢者までみんな大好きな「おやつ」。今回は高齢者のおやつについてのお話です。
おやつの役割はお菓子を食べて小腹を満たすというだけではありません!
高齢者にとってのおやつの役割やおすすめのおやつの種類、高齢者がおやつを楽しむ際のコツや注意点についてお話します。

ケーキと珈琲とシニア女性

 

高齢者のおやつ。3つの目的とは?

高齢者にとっておやつは小腹を満たすためだけのものではありません!
高齢者のおやつには次の3つの目的があります。

 

【1】栄養を補う

高齢者は加齢により歯や胃腸の機能、食欲が衰え、十分な食事をとれない場合があります。
そんな時に足りない栄養素をおやつで補います。
食欲のない時でも、好きなおやつでしたら意外と食べられるものです。

 

【2】水分を補う

食事量が減ると、食事に含まれる水分の摂取量も減るので水分量が不足しがちになります。
かといって水分補給のためだけに味のないただの水をがぶがぶ飲むのも大変なもの。
このような場合におすすめなのがおやつから水分を補うという方法です。
味のついたゼリー状のおやつや果物などなら美味しく水分を摂取することができます。

少量の羊羹やチョコレートなどと一緒に食べると、喉も乾くので積極的に水分を取りやすいです。

 

【3】楽しい時間を過ごす

家族や友人とおしゃべりをしながらおやつを食べて楽しい時間を過ごすというのもおやつの目的の一つ。
生活の中に楽しみを持つと、毎日の生活にハリが出て体や脳の活性化にもつながります。

 

高齢者に最適なおやつとは?注意点も確認

高齢者向けのおやつとして最適なものは何でしょうか?おすすめのおやつをご紹介します。

 

ゼリー

とろみがあるゼリーは嚥下(えんげ)障害のある高齢者でも食べやすいおやつの代表格!
つるんとのど越しよく食べられるので、食欲の落ちがちな夏のおやつとしても人気です。
近年はカロリーやビタミン、ミネラルなどが含まれているゼリーも多く、栄養補給のためのおやつとしても適しています。

 

果物

水分が多く含まれているので、水分補給のためのおやつとして最適です。
イチゴやオレンジ、キウイなどを選べばビタミンも豊富。料理することなく簡単手軽に食べられるのも魅力ですね。

 

蒸しパン

柔らかく、冷めてもおいしい蒸しパンも高齢者のおやつに向いています。
野菜や果物を入れて作ることで栄養価の調整も自由にできます。
パサパサしていると喉に詰まりやすいので、とろみをつけたり飲み物と一緒に食べるようにしたりするのがおすすめです。

 

高齢者のおやつの注意点。こんなおやつは避けてください!

栄養補給という意味でカロリーが豊富なおやつが必要な方もいれば、一方、糖尿病などの持病の関係からカロリー制限をしている方もいます。
カロリーや砂糖、塩分などを取り過ぎてしまうようなおやつはなるべく避けましょう。
おやつは1日1回で100~200カロリー程度に抑えるのが無難です。

また、個人の歯や顎の状態、嚥下機能に合った状態のおやつにしないと、喉つまりなどを起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

おやつはあくまで「補食」です。
食事の前にたくさんのおやつを食べてしまうと、満腹感で食事が十分に食べられなくなってしまうこともあります。
そうなってしまっては栄養素が偏ることにもつながるので本末転倒。
昼食、夕食に影響のない時間帯や量を選んでおやつを食べるようにしましょう。

 

おやつタイムを高齢者が楽しむコツとは

お茶を楽しむシニア夫婦

栄養補給や水分補給の側面もある高齢者のおやつですが、やっぱり楽しんで食べることが一番大切!

クリスマスにはケーキ、子供の日やひな祭りには和菓子のおやつを出すなど、季節や行事に合わせたおやつを食べたり、レクリエーションの一環として皆でホットプレートなどを使っておやつを手作りして食べたりするのも楽しいもの。

美味しいおやつは皆を笑顔にします。
皆でおしゃべりをしながら楽しい雰囲気で美味しいおやつを食べることが、心と体の健康にもつながりますよ。

 

まとめ

高齢者にとっておやつとは栄養補給、水分補給、生活の中の楽しみという役割があります。

嚥下機能や食欲が落ちて食事が十分にとれない場合、おやつは足りない栄養素や水分を補う大切な補食となります。
栄養素や水分を補うという観点では、ゼリーや果物、蒸しパンなどは高齢者にオススメのおやつです。
蒸しパンはパサパサしてのどに詰まってしまう場合もあるので、食べる時には一緒に飲み物を飲むなど注意しましょう。

栄養素や水分補給という目的があるとはいえ、やはりおやつは楽しく食べることが大切。
家族や友人と一緒におやつを囲んだり、季節や行事に合わせたおやつにしたりして、楽しいおやつタイムを過ごしましょう!